​マンション経営のメリット

マンション経営を
​土地活用としてお考えの方へ

マンション経営で安定した収入を得ませんか?

ウィズコーポレーションが
長期で安定した家賃収入をお約束します。

土地活用のイメージイラスト
本-3.png

めまぐるしく変わるこの時代に、安定した収入を得るための方法の一つに「マンション経営」があります。マンション経営での土地活用は、固定資産税や土地の相続・贈与に関わる節税対策に大変有効で、また長期で安定した収入が見込めるため私的年金としてや生命保険代わりにもなります。しかし、ただマンションを建てるだけでは経営は成り立ちません。

数多くの実績から培った経営ノウハウと低コスト高品質を実現したウィズコーポレーションの「ユーロクラシカル・モダン」デザインマンションシリーズなら、不安の多いマンション経営を成功へと導きます。

マンション経営のメリット

1. 安定収入が期待できる

マンション経営は、長期的に定期収入が得られるビジネスです。物件の購入費用はかかりますが、ローン提携後も家賃収入でまかなうことができるので初期費用を必要とせずに始められます。

マンションはアパートに比べ耐用年数が長いため長期運用に向いています。また、マンションの管理や入居者の募集は管理会社に任せる事ができるので、経営に詳しく無い方でも老後の収入源確保手段として長期に亘り収入を得る事ができます。

投資マンションを所有した場合は、完済後に家賃収入が「自分年金」として安定した不労所得となり、ゆとりある生活も可能となります。「人生100年時代」において、最も大きなリスクは「何もしないリスク」です。

2.インフレや景気変動に強い

インフレが起こるとお金の価値が目減りします。しかし、マンションの家賃収入は物価の上昇と連動しますのでインフレの影響を受けにくいのです。したがって、将来的にインフレが予想される経済情勢では、融資を活用したマンション経営が有利といえます。

また、居住のニーズは不景気になっても低下しにくいという特徴もあります。

2.様々な節税効果がある(所得税・住民税・相続税等)

マンション経営は事業所得なので、諸費用は経費として所得から控除が可能です。

マンションを第三者に賃貸して得た家賃収入は、不動産所得として申告します。その際、減価償却・ローン利息・管理費等を必要経費として計上することで、所得税・住民税が軽減されます。

マンションを購入した年は、登録免許税や不動産取得税など購入時諸費用を経費として計上し、給与所得との損益通算を行うことで、所得税の還付・住民税の軽減が受けられるケースがあります。

また、マンションは減価償却により毎年の所得から差し引けるようになっています。会社員の方の場合には青色申告により節税効果が得られることもあります。

その他、マンション経営は相続税対策としても有効です。現金の場合は金額がそのまま相続税評価額となりますが、同金額相当を賃貸マンションで保有する場合には、相続税評価額を圧縮出来ることもあります。一般的には現金等で相続するより約1/3の課税価格になるといわれています。

4.「団体信用生命保険」の加入で生命保険の代わりになるケースもある

経営まで任せて安心

マンション経営には、より安定した経営を行うにはプロのノウハウが必要です。そこでウィズコーポレーションでは 経営代行というシステムをご提案させていただいております。

マンション建設・経営に関わり続けた私たちプロに経営までお任せいただく事で、オーナー様の不安や負担を軽減し、確かな家賃収入をお約束できます。